大学院生との共同研究について

国立保健医療科学院保健医療経済評価研究センター(C2H)では、医療技術評価や費用対効果評価の分野で私たちと一緒に研究を行い、学位取得後は本分野において専門的な活躍をしたいと考える大学院生(特に博士課程あるいは博士課程に進学予定の方)の募集をしています。主な研究領域は、医療技術の経済評価、QOL尺度の開発・使用、レセプトデータ解析、費用対効果に関する政策評価などになります。費用対効果評価の領域での最先端の研究や情報に触れられる機会はなかなかありません。また私たちは厚生労働省など政策決定の現場とも近いのが特徴です。本分野に関心をお持ちの方はぜひご連絡ください。

 ただし、保健医療経済評価研究センターは国立研究所であり、学位授与機関ではありません。ですので、学位を取得するためには、どこかの大学院に所属しながら、私たちとの共同研究などに従事してもらうことが必要です。

 また、本センターの特性上、特に製薬企業や医療機器企業に所属する社会人大学院生や、それらの企業に既に就職が決まっている大学院生の方々を受け入れることができません。

すでにどこかの大学院で研究室に所属している(あるいは所属が決まっている)方々

保健医療経済評価研究センターでの共同研究を希望する場合、必ず指導教官からの許可を得てからの実施になります。事前のご相談はもちろんお受けしますが、最終的に指導教官からの許可がない場合は、共同研究の実施は困難ですので、指導教官と卒業研究の方向性などについてきちんと相談するようにしてください。


これから大学院への進学を希望する方々

本分野の研究に従事したい、あるいは保健医療経済評価研究センターでの共同研究により学位を取得したいけれども、どこの大学院への進学するのか決まっていないなどの場合は、ご相談をお受けします。ただし、保健医療経済評価研究センターでは学位を授与できませんので、最終的には各種調整の上でどこかの大学院に所属していただく必要があります。


(※) なお、受け入れにあたって試験等はありませんが、本センターでの受入可能人数や、本人の希望、能力・適性などを考慮の上で、すべての希望者を受け入れられるわけではありませんので、その点はご承知おきください。