HUI3 (Health Utilities Index Mark3)

質問紙の日本語版

あり [classification system]

(質問紙は15問(日本語版)が存在し、それをclassification systemの8次元に変換する。開発元によればclassification systemそのものを用いて調査することも可能)

対象集団 成人
質問項目 質問紙は15問、classification systemは「視力」「聴力」「会話」「歩行」「器用さ」「感情」「認知」「痛み」の8領域。
各質問の水準数 5~6
価値づけ(valuation)方法 VAS法、SG法
日本人集団における換算式(表)

Shinichi Noto, Takeru Shiroiwa, Makoto Kobayashi, et al. Development of a multiplicative, multi-attribute utility function and eight single-attribute utility functions for the Health Utilities Index Mark 3 in Japan. J Patient Rep Outcomes
. 2020;4(1):23 [Pubmed]

日本人集団における標準値 調査中 (2019年11月1日時点)
日本人集団における軽量心理学的データ なし
使用許諾 HUIncに要申請
使用料 15問の質問紙の利用は有料、それ以外は無料